季節の言葉

四季折々の言葉や行事を綴っていきます

五月晴れはいつ使う?意味と使う時期を解説!

f:id:Dichter:20210607153107j:plain

五月晴れという言葉を聞くことは多いと思います。五月のよく晴れた日を表す言葉として使われることが多いのですが、本来の意味は違うとされています。

 

実は、五月晴れとは梅雨の合間に顔を覗かせる晴れ間のことをいっていたのです。それがなぜ、五月の晴れた青空をさしていわれるようになったのでしょうか。

 

ここでは、五月晴れの意味と使われ方について解説していきます。

 

五月晴れの意味

f:id:Dichter:20210607153144j:plain

五月晴れには「ごがつばれ」と「さつきばれ」の二種類の読み方があります。

 

「ごがつばれ」は文字通り五月のよく晴れた日のこと。これに対して「さつきばれ」は梅雨の晴れ間のことをいいます。

 

ここで問題となるのは「さつきばれ」のほうです。もともと「さつきばれ」とは、梅雨半ばの晴れた日のことで五月の良く晴れた日といった意味はありませんでした。それが時代とともに二つの意味をもつようになっていったのです。

 

理由は新暦と旧暦の違いからきています。新暦は太陽の動きを中心にした暦です。これに対して旧暦は月の満ち欠けを中心とした暦で、新暦とは1ヵ月ほどの差が生じます。簡単にいうと、旧暦は新暦より1ヵ月遅くなっているのです。

 

そのため、旧暦の五月は新暦では六月のことをさすこととなります。新暦の六月は梅雨の最中ですから、旧暦では五月が梅雨となります。そのため、旧暦では五月晴れとは梅雨の晴れ間のことをさしていたのです。

 

ところが、新暦五月は梅雨入り前の薫風が吹き抜ける心地よい季節。そこで、五月晴れは五月の晴れた日をさして使用されるようにもなりました。「新暦五月」と「五月晴れ」これらの同じ「五月」という言葉が文字通りの意味で使われることが多くなり、定着していったものと考えられているのです。

 

国語辞典では両方の意味を載せたうえで、五月の晴れた日のほうは誤った使い方とわざわざ断り書きを入れています。言葉の意味としては間違っているけれど、既に一般化してしまっているということなのでしょう。

 

五月晴れを使う時期

f:id:Dichter:20210607153047j:plain

五月晴れを使う時期は、一般的には梅雨入り前の五月と考えてよいでしょう。もちろん、梅雨の晴れ間をさす言葉として使っても問題ありません。厳密に使い分けるのであれば、五月には「ごがつばれ」、梅雨入り以降は「さつきばれ」と読んで使うのもよいかもしれません。

 

ただし、五月晴れは俳句の季語となっており、梅雨の晴れ間に使う言葉とされています。俳句では五月晴れを五月に使うのは間違ったこととされているので注意しましょう。

 

まとめ

f:id:Dichter:20210607153125j:plain

五月晴れは、新暦と旧暦の入れ替わりによって意味が違ってきた言葉です。どちらが正しいというのではなく、ときと場所に応じて使い分けていくことが必要な言葉といえるでしょう。

 

 

梅雨寒とは何?温度は何度くらい?意味と使われ方を解説!

f:id:Dichter:20210531161508j:plain

梅雨の時期には、急に寒くなることがあります。暑い日が続いて、半袖のシャツを着て外出していたのが、突然の寒さであわてて冬物のセーターを取り出した経験のある方は多いことでしょう。

 

この現象を梅雨寒、もしくは梅雨冷と呼びます。

 

本来暑い夏に寒い時期があるというのは不思議ですが、いくつかの気象条件が重なることでこのような現象が起きるのです。

 

実は、日本には梅雨寒がない地域もあります。これも気象のなせるワザです。

 

ここでは、そんな梅雨寒について解説していきます。

 

梅雨寒の意味

f:id:Dichter:20210531161640j:plain

梅雨寒とは、梅雨の時期に起きる季節外れの寒さのことをいいます。具体的には約20°c前後の気温がその目安とされています。4月上旬頃の陽気と考えるといかもしれません。

 

梅雨寒の原因は、この時期に日本列島の北方オホーツク海上に発生するオホーツク海高気圧が運ぶ冷たい空気です。

 

オホーツク海高気圧自体はもともと亜熱帯ジェット気流によって運ばれてきた温暖な空気の塊ですが、オホーツク海という冷たい海上で発生することで冷やされて冷たくなります。また、日本列島には海上を渡ってくるために湿り気を含み、湿度も高いものとなります。

 

このオホーツク海高気圧と南の海上で発生する太平洋高気圧とが日本上空でぶつかると、そこに前線が発達して雨を降らせます。これが梅雨のメカニズムです。

 

梅雨寒は梅雨の時期にオホーツク海高気圧が運んでくる冷たい湿った空気によって引き起こされます。オホーツク海高気圧の影響が強い関東、東北といった東日本で起きることが多い現象です。この時期、東北地方では「やませ」と呼ばれる冷たい風が吹きますが、これは東北地方におけるオホーツク海高気圧による冷たい空気の呼び名となります。

 

反対に南海から暖かな空気とともにやってくる太平洋高気圧の影響が強い関西、四国、九州などの西日本では梅雨寒となることは基本的にありません。

梅雨時はオホーツク海高気圧と太平洋高気圧が日本列島の上空でせめぎあっており、このうちオホーツク海高気圧の勢力範囲で梅雨寒になるのです。いわば、オホーツク海高気圧の位置によって梅雨寒となる地域が決まってくるといえるでしょう。

 

梅雨寒の使われ方は?

f:id:Dichter:20210531161621j:plain

梅雨寒は俳句の季語として使われています。傍題には梅雨冷、梅雨寒しなどがあります。

 

また、手紙の挨拶文として使われることも多いようです。

 

「梅雨寒の候」といった手紙の書き出しや「梅雨寒の時節柄、ご自愛ください」といった結びの言葉に使われています。

 

梅雨寒が使われる時期は6月初旬から梅雨の終わりまでの期間です。

 

まとめ

f:id:Dichter:20210531161543j:plain

梅雨寒は本来暑いはずの時期に訪れる季節外れの寒さのことです。また、原因となるオホーツク海高気圧の位置によって起きる地域が決まってきます。同じ日本にいながら、梅雨寒のある場所とない場所とが分かれるというのはとても興味深く感じられます。

 

立夏はいつのこと?何をする日?時期と行事を解説!

f:id:Dichter:20210516162027j:plain

立夏は夏の始まりといわれています。真夏の暑さにはまだ間があり、吹き渡る風が気持ちの良い季節です。

 

ところで、立夏はいつから始まっていつまで続くのかご存知でしょうか。また、その間にしなければならない特定の行事はあるのでしょうか。

 

ここでは、立夏について、その時期と行われる行事とを解説します。

 

立夏はいつのこと?

f:id:Dichter:20210516162100j:plain

立夏二十四節気の1つで、毎年5月初旬から半ばまでの時期のことをいいます。

 

二十四節気とは1年を春夏秋冬の4つの季節にわけて、それぞれの季節をさらに6等分したものです。もともとは古代中国で使われていた季節ごとの区分が日本に入ってきたもの。

 

しかし、中国と日本では季節が変化するサイクルが違うため、そのままでは使うことが出来ません。そこで、日本ではそれを自国の季節の変化にあうように改良し、農業に代表される季節ごとの行事を行う目安として使ってきました。

 

立夏二十四節気のなかでも夏の始まりを示した言葉なのです。使われるのは、次の小満までの約15日から16日までの期間。ただし、立夏と言うと、その当日のみを指す言葉として使われることも多いようです。

 

立夏は俳句の季語でもありますが、傍題には夏立つという言葉があり、夏になった当日のを詠んだ句がいくつもみられます。

 

旅名残り雲のしかかる立夏かな 飯田蛇笏

夏立つや未明にのぼる魚見台  高田蝶衣

 

立夏に行われる行事にはなにがある?

f:id:Dichter:20210516162116j:plain

立夏になったからという理由で行われる行事は特にありません。

 

その年の豊年を祈願する御田植神事という行事が行われるとされていますが、地域ごとに開催される日時は違っており、立夏だから開催されるというものではないようです。たとえば、5月ではなく6月に行われるところもあれば、2月に開催されるところもあるからです。

この他には、端午の節句がありますが、これとても立夏の行事ではありません。端午の節句は5月5日に子ども(特に男の子)の成長を願って行われる行事です。しかし、立夏とは直接の関係はなく、たまたま節句の日が立夏と重なることがあるというだけのことです。

 

二十四節気は太陽の動きをもとに定められていますから、毎年同じ日ではありません。立夏となる日にちでいえば5月5日という年もあれば5月6日という日もあるからです。

 

立夏の期間に行われる行事ということであれば、母の日があります。母親の苦労をねぎらい感謝を表す日である母の日は毎年5月の第2日曜日。こちらも立夏との関係は直接はありませんが、母の日の贈り物として定番とされるカーネーションの最盛期が5月ということから初夏の行事として私たちの暮らしに根付いています。

 

まとめ

f:id:Dichter:20210516162130j:plain

立夏は季節の変化の目安とされる二十四節気の1つです。この日から夏の始まりとされますが、本格的な夏にはまだ間があり、ときによっては肌寒ささえ感じられる時期でもあります。しかし、日を追うごとに陽が長くなり暑さも増して着る服も夏服に変わっていきます。

 

立夏とは、静から動へと変わりゆく季節ということができるでしょう。

 

薫風ってどんな風?使う時期はいつ?意味を解説!

f:id:Dichter:20210419183659j:plain

薫風という言葉からは新緑萌ゆる5月のさわやかな風、というイメージが浮かびます。初夏の日差しのなかを吹き抜ける風、といったところです。

 

しかし、薫風は初夏の時期にだけ使われてきた言葉ではありません。真夏のうだるような暑さのなかでも使われた言葉でもあります。なぜそのようなことが起こるのでしょうか。

 

そこで、ここでは薫風の意味と使われる時期について解説していきます。

 

薫風の意味

f:id:Dichter:20210419183815j:plain

薫風とは、

 

「初夏に若葉のかおりを漂わせて吹くさわやかな風。」

新明解国語辞典より引用)

 

のことです。

 

また、季語の一つでもあり、「風薫る」の傍題としても歳時記に掲載されています。歳時記によると、もともとは和歌で草花の香りを運ぶ春の風として使われていたものが連歌で初夏の風とされるようになり、やがて俳句の季語として定着したとされています。

 

いずれにせよ、初夏のさわやかな季節を象徴する言葉が薫風といってよいでしょう。

 

しかし、中国の漢詩には真夏に薫風が使われている例があるのです。

 

人皆苦炎熱(人皆、炎熱に苦しむ)

我愛夏日長(我、夏の日長を愛す)

薫風自南来(薫風、自ら南より来る)

殿閣生微涼(殿閣、微涼を生ず)

 

初めの2行は唐の文宗が、次の2行は臣下の柳公権がそれに答える形で作った漢詩です。

 

人はみな、真夏の炎熱に苦しんでいるが、私は夏の日長を愛している。このように詠った文宗に対して柳公権が、南より吹いてくる薫風によって炎暑にあえぐ宮中もそのときばかりは涼しくなります、と返したというものです。

真夏の炎熱とさわやかな薫風との取り合わせは奇妙な感じがします。しかし、薫風は暑さのなかに一抹の涼を感じる、という意味でも使われると考えれば納得できるかもしれません。

 

たとえば、二十四節気の一つである立秋は時期的に猛暑の真っただ中に位置します。俳句では炎暑のなかであっても感じ取ることができる涼しさを立秋という季語にこめますが、この漢詩の薫風もそれと同じ意味で使われたということなのでしょう。

 

ただし、現在、薫風を真夏に使うのは一般的ではないようです。

 

薫風を使う時期

f:id:Dichter:20210419183926j:plain

薫風を使う時期は5月の初旬から終わり頃までといわれています。薫風が使われるのは主に俳句と手紙です。

 

俳句では夏の季語となるので、使われるのは立夏以降となります。

 

一方、「薫風の候~」のように手紙の挨拶文で使う場合には、俳句のように厳密な決まりはありません。桜の季節が過ぎて気温も上がり、そろそろ夏を感じられる時期、たとえば4月の下旬頃から使っても問題ないようです。

 

一般的には5月に入ってから使われることが多いので、気になる方は俳句と同様に立夏を過ぎてから使うのがよいかもしれません。

 

まとめ

f:id:Dichter:20210419183901j:plain

薫風という言葉からは、さわやかに吹き渡る風とまぶしいような新緑の輝きがイメージされます。しかし、そればかりではなく、炎熱のなかに一抹の涼味を感じ取るような豊かな感性をあわせもった言葉ともいえるでしょう。

 

 

 

 

八十八夜の忘れ霜とは?意味と発生の原因を解説!

f:id:Dichter:20210411223547j:plain

夏も近づく八十八夜・・・

 

明治45年に発表された唱歌「茶摘み」の歌いだしの言葉としても知られる八十八夜は立春から数えて八十八日目のこと。新緑が萌え茶の新芽が摘み頃となる時期です。

 

昔からこの時期に摘まれた新茶は体に良いとされ、茶の産地ではお茶に関する様々なイベントが行われています。

 

しかし、そんな八十八夜に用心しなくてはいけないのが八十八夜の忘れ霜。暖かくなったこの時期に急に霜が降りてせっかくの茶の新芽がだめになってしまうことがあるからです。

 

ここでは八十八夜の忘れ霜の意味と原因について解説していきます。

 

八十八夜の忘れ霜の意味

f:id:Dichter:20210411223627j:plain

八十八夜の忘れ霜とは、暖かくなり夏も近くなった時期に降りる霜のことです。

 

八十八夜は、日本人が古代中国を起源とする二十四節気のほかに、主として農作業の目安として考え出した雑節の1つで、毎年5月1日ないし2日頃にあたります。

 

この頃になると暖かくなり、苗代づくりや畑作物の種まきといった農作業が始まります。茶の新芽の摘み取りも始まる時期です。

 

一方でこの時期の天候はまだ安定しておらず、時として霜が降りるほどの寒さに見舞われることがあります。霜が降りるとせっかく育った農作物が大きな被害を受けてしまいます。そのため、暖かくはなったけれど、まだまだ用心をする必要がある、というところからいわれるようになったのが八十八夜の忘れ霜という言葉です。

 

同じ意味で「八十八夜の別れ霜」という言葉も使われています。

 

原因は移動性高気圧による放射冷却

f:id:Dichter:20210411223648j:plain

八十八夜の忘れ霜が降りる原因は、移動性高気圧によって引き起こされる放射冷却現象によるものです。

 

移動性高気圧とは春と秋に大陸から偏西風に乗って日本列島にやってくる高気圧のこと。偏西風に押されて動くため一か所にとどまらず、文字通り日本列島を西から東へと移動していくのが特徴です。

 

また、放射冷却現象とは、昼間、太陽によって温められた地表の温度が夜間には下がっていくことをいいます。

 

地球は太陽光による熱を吸収しますが、その一方で吸収した熱を宇宙空間に放射しています。熱の吸収と放射を絶えず行うことで地表面の温度のバランスを維持しているのです。ただし、そのバランスは昼間と夜間では違っています。

 

すなわち昼間は太陽光によって熱を吸収する力が強く地表は温められます。しかし、夜間は太陽光がない分、熱を放射する力のほうが強くなります。そのため、夜間には温度が下がっていくのです。

 

さて、八十八夜の頃は移動性高気圧によって晴れの日が多く、太陽の光によって昼間は暖かくなります。しかし夜になると太陽がなくなるため、地表が冷え気温が下がっていきます。また、晴れているため雲が少なく熱の放射がさまたげられることはありません。上空の雲は地表の熱をにがさない役割をしており、雲がなければ地表の熱が上空へとにげていくため、地表の温度は下がっていくのです。

 

さらに、大陸からやってくる移動性高気圧は乾燥しています。空気が乾燥していると雲と同じ働きをする水蒸気が少ないため、熱はそのまま放射されていき、地表の温度は下がります。

 

このようにしてできた冷たい空気は上昇することなく地表にたまっていきます。このとき、風が吹かなければ冷たい空気がかきまぜられることなく、さらに温度は下がります。このときの温度が3°cを下回ると霜が降りるのです。

 

温度は地上1.5mの場所で計るので、3°c以下であれば地表面は0°となっている可能性が高くなります。そのため、この温度になると霜が降りる可能性も高くなるのです。

 

これが八十八夜の忘れ霜の発生する原因となります。

 

まとめ

f:id:Dichter:20210411223601j:plain

気象庁では春と秋に霜注意報を出して警戒を呼び掛けています。いずれの季節も油断をすると霜によって農作物に大きな被害が出るおそれのある時期だからです。霜注意報などというものがなかった時代、日本人は八十八夜の忘れ霜という言葉を使うことで大切な農作物を霜の被害から守ってきたのでしょう。

 

 

 

花曇りとはどんな曇り?意味と使われる時期を解説!

f:id:Dichter:20210329165421j:plain

花曇りという言葉からは華やいだイメージを連想します。曇り空ではあっても、地上では何となく明るい雰囲気が漂っているといった感じでしょうか。

 

実は花曇りとは、厚い雲に覆われた曇天を指していう言葉ではありません。同じ曇天でも薄雲がかかった時折日が差す明るい日に使われる言葉なのです。陽の当たらない暗い日には使われないのですね。

 

ここではそんな花曇りの意味や使われる時期について解説します。

 

花曇りの意味

f:id:Dichter:20210329165524j:plain

花曇りとは、桜の咲く時期の日差しのある明るい曇り空のことをいいます。

 

花曇りの花は桜のことです。日本では平安時代以降、花といえば桜を指すものといわれてきました。

 

いくつか理由はあるようですが、遣唐使が廃止されたことによってそれまでの中国に偏していた文化のあり方が変わってきたという点がいわれています。中国の影響が薄まるにつれて日本独自の文化が発展していきました。そのなかで花といえば桜、といった考え方が一般的になっていったとされているようです。

 

さらに花という文字に別の言葉を付け足すことで1つの熟語として使われるようになりました。たとえば、花影、花冷えといった言葉がそれにあたります。

 

花曇りという言葉もそのなかの1つなのです。

f:id:Dichter:20210329171038j:plain

一方、日差しのある明るい曇り空とは、空の高い場所にある薄い雲に覆われた空をいいます。気象用語にある「薄雲」のことです。

 

雲は発生する場所によって上層雲、中層雲、下層雲の3種類に分けられています。このうち、上空5000mから13,000mの高さにある雲を上層雲と呼び、いわゆる薄雲やうろこ雲がこの範疇に入る雲です。

 

また、晴れや曇りといった用語の使われ方は雲の量によって決まります。気象庁の天気概況用語説明によれば、雲量2以上8以下の状態を「晴」と呼び、雲量9以上で雨が降らない状態が「曇」とされます。

 

さらに「曇」は「曇」と「薄曇」の2種類に分けられており、中層雲、下層雲が上層雲よりも多いときを「曇」、上層雲のほうが他の2種類の雲より多いときを「薄曇」と呼んでいるのです。

 

日差しのある明るい曇り空とは、「薄曇」の状態を指すものと考えてよく、ここに桜を意味する花が付いたのが花曇りということができるでしょう。

 

花曇りが使われる時期

f:id:Dichter:20210329165615j:plain

花曇りが使われる時期は3月下旬から4月上旬となります。桜が開花してから散るまでの間の短い期間に使われる言葉です。

 

この時期は移動性高気圧の影響で周期的に天気が変わります。晴れの日が続いたかと思うとすぐに雨が降る、といった具合です。春に3日の晴れなし、という言葉がありますが、この時期を的確に表現したものといえるでしょう。

 

天気が短い間隔で周期的に変るところから曇る日も多く、そこから花曇りという言葉ができたともいわれています。

 

まとめ

f:id:Dichter:20210329165448j:plain

夏目漱石の『吾輩は猫である』のなかに

 

「花曇りに暮れを急いだ日はとく落ちて、」

(『吾輩は猫である夏目漱石 より引用)

 

とあります。

 

物寂しいけれど、なんとなく明るさも感じられる春の夕暮れの様子が花曇りという言葉によってより引き立てられている気持ちがします。

 

花曇りという言葉には、暗さよりも明るさを感じさせる雰囲気があるのですね。

 

仲春はいつのこと?意味と使われる時期を解説!

f:id:Dichter:20210318120400j:plain

初春と晩春はよく聞く言葉です。初春は春の始めというよりも正月を表す言葉として使われることが多いですし、晩春は映画や文学作品の題名などに使われています。

 

これに対して仲春という言葉が使われる場面はあまり多くはありません。そのせいか、仲春は初春や晩春に比べて幾分地味な感じを与える言葉です。しかし、言葉の意味を考えてみると意外なことがわかります。

 

ここでは、仲春の意味と使われる時期、さらには使われ方について解説します。

 

仲春の意味

f:id:Dichter:20210318120443j:plain

仲春は春の真ん中にあたる時候をいいます。

 

日本人は1つの季節をさらに3つに分けることで季節の移ろいを表現してきました。春でいえば、初春、仲春、晩春の3つです。仲春はこのうちの真ん中、春たけなわといった時期を指します。

 

梅の花が終わり、桃や桜が満開となる季節です。この他にも沈丁花や椿なども咲き始め、花の香りととりどりな色で街が華やいでくる季節ともいえるでしょう。

 

仲春が使われる時期

f:id:Dichter:20210318120424j:plain

仲春の時期は24節気でいえば、3月初めの「啓蟄」から4月初めの「清明」までの約1ヵ月です。

 

この時期に行われる主な行事が春の彼岸です。暖かな陽光のもと、墓参りに出かける家族連れが多くみられます。また、桜の満開時期にもあたるため、花見にも絶好のシーズンです。

 

仲春の使われ方

f:id:Dichter:20210318120526j:plain

仲春の使われ方としてもっともポピュラーなのは、手紙の書き出しです。「仲春の候、~」

といったものが代表的なものとなります。

 

この他には俳句の季語としても使われます。興味深いのは歳時記の「春」の部には傍題として「春なかば」の他に「春めく」という言葉が載っており、仲春が春の真ん中といってもその守備範囲は意外と広いことに気がつきます。

 

「冴返る」という季語があります。春になって暖かな日が続いている最中に、急に冬に舞い戻ったかのような寒さに襲われるときがあり、そのことを表現した言葉です。仲春とはその様な状況をも含んで使われているようです。

 

春たけなわ、とはいってもいまだ冬の影を引きずる季節を指す言葉として使われるのが仲春といえるかもしれません。

 

まとめ

f:id:Dichter:20210318120328j:plain

仲春は、春を表す初春や晩春といった言葉よりも目立つことの少ない言葉です。しかし、季語の使い方をみてわかるように寒い冬の意味と、ときとして汗ばむほどの暑ささえ感じる春の意味とを含む幅広さをもった言葉でもあります。

 

使う機会は少ないですが、移ろう季節の状況を内に秘めた言葉として大切にしたいものです。